なぜ独自ドメイン+WordPressがよいのか

ブログがここまで普及したのは、無料サービスのおかげかもしれません。しかしながら、私は有料であっても最初から独自ドメイン+WordPressでブログを作ることをオススメします。

無料サービスから進める本やサイトは多いと思います。おそらくは試しにやってみよう、というレベルの人でも気兼ねなく始められるからです。これは私も否定しません。

しかしながら、ブログを書き続けると決めた人はできるだけ早く独自ドメイン+WordPressに移ったほうがメリットが大きいと言えます。一方で、無料サービスを使い続けると思わぬデメリットを受けるのです。

両者を比較しながら、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

無料サービスのどこがいけないのだろうか?

『ブログ開設編』でつくる程度のブログであれば、アメブロなどの無料サービスでもつくれると思います。では、なぜ無料サービスをオススメしないのか?

一番の理由は、無料サービスのブログは、サービス提供元の都合で規約が変わって振り回される可能性がある、ということです。例えば、アフィリエイト広告のいれ方とか、今は各サービスに抜け道的に入れ込むノウハウがあったりしますが、将来的には禁止されていたちごっこになる可能性があります。

極端な話をすれば、無料サービスはいつサービス終了になるか分かりません。もしも、サービス終了になった場合に、今まで作ったコンテンツを引っ越すのが非常に困難です。

無料サービスではカスタマイズも難しいです。調べればいろいろ出てくると思いますが、あくまでその無料サービス特有のノウハウであって、無料サービスのブログの作り方、カスタマイズの仕方を覚えたところで有効なスキルにはなりません。他のブログサービスに移った場合は、また習得しなおさなければいけません。これってもったいなくないでしょうか?

独自ドメイン+WordPressを勧める3つの理由

独自ドメイン+WordPressでブログを作った方がいい理由は、その逆です。

無料サービスを活用しているときとは違って、第三者の利用規約に振り回されることは少ないです。例えば、アクセス解析をするためにGoogle Analyticsを使ったり、アフィリエイト広告を出す場合には、それぞれのサービス元の規約に従う必要がありますが、それぞれ規約に納得がいかなければ、使用せずブログを成り立たせる、自分の好きなようにブログを運用するという判断をすることができます。

また、突然サービス終了して引っ越すリスクも低くなくなります。仮にレンタルサーバーがサービス終了したとしても、独自ドメインだけ維持して、別のレンタルサーバーに引っ越すことは可能です。

これができるのは、WordPressが汎用的な仕組みで、おおよそどのサーバーでも稼働させることができるからです。外から見た場合には引っ越し前後で特に変化はありませんから、今まで獲得してきたユーザーを失わずに情報資産の価値を維持することができます

最後に、WordPressでブログを作成できるというのは、立派なスキルとしてアピールすることができます。システム開発でも、商品やシステムのブログはよく必要とされているからです。せっかく、時間を割いてブログをつくるのであれば、スキル習得も兼ねた方が一石二鳥ではないでしょうか?

頑張ればランニング・コストも回収できる

無料サービスを使わない、とした場合に気になるのはお金のことですが、例えばxserverを使用する場合は月額1200円くらいです。

確かに支出はありますが、ブログに広告を出せば一定の収入は得ることができます。よく本に書いてあるように1ヶ月に数万円の収入を得るというのは現実的ではないかもしれませんが、サーバーのランニングコストをまかなうくらいであれば、目標として妥当だと思います。実際、私も1ヶ月目で達成することができました。

ブログをはじめてから最初の1ヶ月の成果

自分の書いたブログでランニングコストがまかなえたら、それなりに達成感があるのではないでしょうか。

例え赤字になったとしても、自分でサーバーを立ち上げてWordPressを運用するのはビジネス面、ITスキル面でも勉強になりますので、授業料として許容できると思います。

まとめ

自分の思い通りにブログを運用するため、スキル習得のためにも独自ドメイン+WordPressでブログを作成しましょう。

次の記事はこちらです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク