Table of Contents Plusで記事の目次をつくる

記事の内容が長くなってくると、目次をつけたくなってきます。こんな感じの目次を他のブログでもよく見るはずです。

Table of Contents Plus

このような目次をつくるのは難しいことではありません。プラグイン『Table of Contents Plus』で見出しから目次を自動生成してくれます。

スポンサーリンク

インストール方法

WordPressの管理画面で『プラグイン』->『新規追加』を選択します。『Table of Contents Plus』で検索してインストールします。

ショートコードで目次を入れる場所を指定する

『設定』->『TOC+』を選択すると、『Table of Contents Plus』の設定をすることができます。

私は下記のような設定をしています。参考にしてください。

table-of-contents-plus-2

『次の投稿タイプのときに表示』は全てチェックを外します。これは、ショートコードを使って、自分で目次を表示する場所をコントロールするからです。あとで詳しく説明します。

『見出しテキスト』は日本語にします。例えば、『目次』、『開く』、『閉じる』といった具合です。

目次を入れる場所は、ショートコードで自分で指定するのがオススメです。下記のように説明が書いてあります。

Table of Contents Plus

ショートコードを入れると、見出しを元に作られた目次が自動で生成されます。

どこに目次を表示するべきか

それでは、目次はどこに表示すべきでしょうか?

導入部分に目次を入れるのがオススメです。目次はそれ自体が記事の概要を示していますので、導入部分にあると内容がわかりやすくてよいでしょう。

最初の見出しの前にショートコードを入れると、下記のようになります。

  1. 導入文
  2. 目次
  3. アフィリエイト広告
  4. 最初の見出し

『Table of Contents Plus』の設定に『最初の見出しの前』というのがあるのですが、これは使わないほうがよいでしょう。下記のように、アフィリエイト広告の後に目次が来てしまうからです。

  1. 導入文
  2. アフィリエイト広告
  3. 目次
  4. 最初の見出し

まとめ

『Table of Contents』は記事の目次を簡単につくれるプラグインです。少し面倒ですが、ショートコードを使って、目次を入れるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク