メニューをつくる

ここでは、ブログに表示するナビゲーションメニューの作成方法を説明します。

ナビゲーションメニューは、サイト全体を通して固定的に表示されます。ナビゲーションメニューの役割は下記です。

  • サイト全体の情報構造を示す
  • ユーザーが迷うことなく、目的のページへ導く
  • ユーザーがサイト全体のどこにいるのか、示す

最初の『サイト全体の情報構造を示す』は重要です。ここで、ユーザーが思い描いている情報構造と、実際のナビゲーションメニューとの間に相違があれば、使いにくいと感じるからです。ユーザーの頭の中のイメージに近いメニューにする必要があります。

見やすいサイトになるかどうかは、メニュー構成にかかっています。

スポンサーリンク

メニュー構成の基本的な考え方

ブログに表示するメニューはどのようにして考えたらいいでしょうか?

menu-example

まず、ユーザーが初期画面に戻るための『ホーム』は必須です。迷ったときに、これを押せば最初の画面に戻れる、というボタンがあったほうが安心感があるからです。これは一番左に設定するのが定石です。

メニュー要素は、カテゴリーがメインの要素となります。さきほど、投稿を整理するためにカテゴリーを使用したほうがよいと説明しました。よく分類されているカテゴリーであれば、ユーザーが情報を探すときにも必ず役に立つはずです。くどいようですが、ユーザーの視点に立って、どんなカテゴリーが適切なのか考えましょう。

サイトの運営者のページやサイトマップなど、その存在自体がサイトの安心・信頼につながるページはメニューに加えるのもオススメです。このサイトはちゃんとした人に運営されているとか、サイトマップがあるので迷わずに済む、と思えるからです。

メニューを設定するには

まず、WordPressの管理画面へ行きます。

メニューの設定は、『外観』ー>『メニュー』を選択していきます。

デフォルトの状態で、『ホーム』は存在しているはずです。

左側にある『カテゴリー』を選択します。その中のタブで『全てを表示』を選択すると、さきほど作成した全てのカテゴリーが表示されます。

menu-setting-eye-catch

メニューに追加したいカテゴリーを選択して、『メニューに追加』を押下します。

すると、右側の『メニュー構造』に選択したカテゴリーが現れます。適宜、ドラック&ドロップすると、順番が変更です。

『固定ページを自動追加』のチェックボックスは外します。また、『テーマの位置』は『ヘッダーのナビゲーション』にチェックを入れます。

『メニューを保存』ボタンを押すと、メニューがブログに反映されます。

画面を見て、カテゴリーを見直す

ブログの画面に表示されたメニューを見て、どのような印象を持ったでしょうか?

ユーザーの気持ちになってみて、わかりやすいと思ったら、メニュー構成が機能している証拠です。少しでも違和感を感じたら、カテゴリーの分け方を見直し、メニュー構成を改善していきましょう!

まとめ

メニュー構成は、ホームと複数のカテゴリーが基本となります。メニュー構成の見やすさは、ブログの良し悪しに直結します。繰り返し見て改善していきましょう。

次の記事はこちらです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク